相続登記は自分でできます!
不動産の相続登記、どうやったらいいの?
こちらに必要な情報を入力するだけで、どうするべきか一目瞭然!

相続登記の手順

不動産相続に関する登記手続きの流れを解説します。

Step 1 相続人調査

亡くなった方(被相続人)の出生から死亡までの戸籍謄本を取り寄せて、すべての相続人を調査します。

Step 2 遺言書、財産調査

被相続人が遺言書を残したか、どのぐらいの遺産があるか調査します。

Step 3 相続不動産の分け方

遺言書がない場合は、法律で定められた割合で相続するか、相続人全員で遺産分割協議をし、誰が相続するかを決めます。

Step 4 遺産分割協議書の作成

遺産分割協議をした場合は、相続人全員が実印を押印した「遺産分割協議書」を作成します。

Step 5 不動産申請書作成

すべての資料を基に、法務局に提出する不動産相続登記の申請書を作成します。

Step 6 申請書提出

作成した申請書と証明書類などを不動産を管轄する法務局の窓口に持参するか、郵送で提出します。

相続登記に必要な書類

遺言書

亡くなった方の財産についての意思を示す書類

遺産分割協議書

相続人全員で遺産の分割方法について協議したことを証する書類

固定資産評価証明書

相続税や登録免許税の計算のために必要な、土地や建物の評価額が記載されている書類

不動産相続登記Q&A

このサイトや不動産の相続登記に関するよくあるご質問はこちらで確認できます。

不動産相続登記Q&A

司法書士に直接相談依頼

複雑な相続は司法書士にご相談ください!司法書士法人新東京国際リーガルへのご相談はこちらから!

専門家に連絡する